*

ブラックリストとは

「俺はブラックリストに載っているみたいだから、お金の借り入れができない」と言う人がいます。ブラックリストとは通称みたいな呼び名で、リストそのものが存在するわけではないそうです。

お金の借り入れができないのは、個人情報に事故情報が登録されている場合に、ローン審査に影響を及ぼすことがあるためです。事故情報というのは、破産や債務整理、代位弁済、延滞などの履歴があることを指し、一般にネガティブ情報と呼ばれています。かつて、金融業界の人にネガティブ情報のことをブラック情報と呼んでいた人が多かったことから「ブラックリスト」という呼び名が定着してしまったのが本当のところみたいです。

ネガティブ情報が登録されていると、住宅ローンや車のローンにも影響を与える可能性が高いです。クレジットカードの審査に落ちたとか、ローン支払いを延滞してしまったという場合には、一度、信用情報の開示を検討するのがいいかもしれません。

また、個人情報に事故情報が登録されている場合でも、貸金業者との取引が終了してからおよそ5~10年が経過すると延滞情報などの事故情報を含めて個人信用情報は全て削除されます。したがって、一生ローンを組むことができなかったり、クレジットカードを作ることができないというわけではありません。ただし、個人情報の削除を依頼しないと記録が削除されない場合もありますので注意が必要です。

関連記事

時効援用後のローンやクレジットカード

借金の消滅時効の援用をして時効が成立すれば、借金はすべて消えて、当然ながら返済する義務はいっさいなく

記事を読む

PAGE TOP ↑