*

武富士からロプロ(日本保証)へ借金返済

ロプロ(日本保証)は、平成22年に会社更生法を申請して経営破綻した消費者金融会社「武富士」を買収して事業を引継ぎ、「武富士」ブランドを利用して貸付業務を再開させました。

ロプロ(日本保証)の前身は「腎臓売って金作れ!」という暴言を吐き、社会問題にもなった商工ローンの大手株式会社日栄(にちえい)です。

日栄は、「脅し」「恐喝」にも似た言動でマスコミでも大きく報道され、国会審議にまで発展したという経緯があります。その負のイメージを払拭するために、2002年に株式会社ロプロへ社名を変更。そして2012年、同じくJトラスト子会社であった株式会社日本保証を吸収合併すると同時に「日本保証」へと社名を変更し、このロプロ(日本保証)が武富士の貸付事業を買い取りました。

つまり、武富士への借金は日本保証が回収することになったわけです。それまで武富士が抱え込んでいた多くの債権はすべて日本保証(ロプロ) が引き継ぎます。

武富士からお金を借りていた一部には、武富士が経営破たんしたので「借金を返さなくても済む」と勘違いした人がいましたが、時効が成立しない限り、事業を引き継いだJトラストグループ「ロプロ」に支払っていくことになります。

ただし、最後に返済してから5年が経っていれば時効の援用ができますので、詳しくは「借金をなかったことにする時効援用に詳しい専門家」へ相談してください。

関連記事

武富士の債権回収会社ロプロに要注意

サラ金の代名詞と呼ばれ、過酷な借金の取り立て手法で悪名をとどろかせた武富士。 武富士は2010年に

記事を読む

アイ・アール債権回収会社から督促状が届いたら

消費者金融のアコムから借りたお金を最後に返済してから約5年ほど放置しているAさんの元に、アイ

記事を読む

債権回収会社(サービサー)のリスト

以前もご説明しましたが、サービサーとは債権回収会社のこと。信販会社や消費者金融会社、金融機関などから

記事を読む

債権回収会社(サービサー)に騙されるな!

債権回収会社は別名「サービサー」と呼ばれ、弁護士法の特例として特定金融債権の管理や回収を業と

記事を読む

ロプロが旧武富士の債務者へ督促状を乱発

かつて、サラ金の代名詞であった武富士。経営破たんしましたが、その債権を買い取ったのがロプロ(

記事を読む

サービサー(債権回収会社)のやり口

サービサーとは、債権回収株式会社のことで、不良債権買い取りや受託回収業務を専門としています。

記事を読む

PAGE TOP ↑