*

アイ・アール債権回収会社から督促状が届いたら

消費者金融のアコムから借りたお金を最後に返済してから約5年ほど放置しているAさんの元に、アイ・アール債権回収会社から借金の督促状が届きました。

アイ・アール債権回収会社からお金を借りた記憶がないAさんは一時的にパニックになり、書類に書かれてあった「一度、電話にて連絡を…」という文面に従って電話をしようとしました。しかし、アコムへの借金時効について司法書士と連絡を取っていたこともあり、アイ・アール債権回収会社からの督促状について相談することにしました。

その結果、アイ・アール債権回収会社はサービサーで、アコムの子会社であること。そして、Aさんの借金は時効を迎えていることがわかり、司法書士はすぐに時効の援用を着手してくれ、晴れてAさんの時効が成立しました。

「もし、あわててアイ・アール債権回収会社へ電話をしたら、時効は中断されて成立させることはできませんでした。すぐに相談してくれたおかげで、うまく行ったんですよ」と司法書士はAさんに言いました。

このケースからも分かるように、債権回収会社(サービサー)から督促状や連絡の要請が来ても、すぐに連絡してはいけません。アイ・アール債権回収会社をはじめ、ニッテレやアビリオ、SMBC、エム・テー・ケー、オリンポスなどの債権回収会社
は、時効成立前の請求はもちろん、すでに消滅時効が成立している債権であっても請求してくることがあります。

そんな債権回収会社(サービサー)からの請求に応じて、債務があることを認め、その一部返済や分割での支払いをしてしまった場合は、時効中断事由のひとつである「承認」に該当するため、今までの時効期間はすべて無効になってしまいます。

ある意味で、債権回収会社(サービサー)からの請求や督促状など何らかの書状が届くことは、借金の時効が近いか時効を迎えていることの証しとも言えます。

脅したり、すかしたりの文面に惑わされることなく、すぐにでも借金の時効に詳しい司法書士などの専門家へ相談するようにしましょう。

債権回収会社(サービサー)に対応できる司法書士はこちら

関連記事

武富士の債権回収会社ロプロに要注意

サラ金の代名詞と呼ばれ、過酷な借金の取り立て手法で悪名をとどろかせた武富士。 武富士は2010年に

記事を読む

ロプロが旧武富士の債務者へ督促状を乱発

かつて、サラ金の代名詞であった武富士。経営破たんしましたが、その債権を買い取ったのがロプロ(

記事を読む

債権回収会社(サービサー)のリスト

以前もご説明しましたが、サービサーとは債権回収会社のこと。信販会社や消費者金融会社、金融機関などから

記事を読む

サービサー(債権回収会社)のやり口

サービサーとは、債権回収株式会社のことで、不良債権買い取りや受託回収業務を専門としています。

記事を読む

債権回収会社(サービサー)に騙されるな!

債権回収会社は別名「サービサー」と呼ばれ、弁護士法の特例として特定金融債権の管理や回収を業と

記事を読む

武富士からロプロ(日本保証)へ借金返済

ロプロ(日本保証)は、平成22年に会社更生法を申請して経営破綻した消費者金融会社「武富士」を買収して

記事を読む

PAGE TOP ↑