*

アビリオから借金の請求を時効で解決する方法

アビリオ債権回収㈱というサービサーから譲渡を受けた借金を払えとの催告書がきました。アビリオの請求を解決できた時効についてお話します。

ある日の午後、アビリオ債権回収会社から催告書が届きました。アビリオなんて会社は全然知らなくて、新手の詐欺かなと思ったんですが、よく見るとSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)から債権を譲渡された旨が記載してありました。

そういえば過去にプロミスからお金を借りたことがあり、返済しないままで引越しや転職をしたこともあって、ずっと放置していました。書面には「ご連絡のお願い」と書かれてあり、一時はすぐに連絡しようと思いました。
しかし、知人から「借金には時効があるから、早めに知識と経験が豊富な専門家へ相談した方が良い」と聞いていたことを思い出し、すぐに時効に詳しい専門家を紹介してもらうことにしたんです。

私が紹介してもらったのは全国的にも知名度の高いアヴァンス事務所でした。

担当の先生にアビリオからの請求を確認してもらったところ、時効期間を迎えていることが分かり、さっそく時効の援用手続きに入ってもらうことにしました。

「多くの債務者さんは、アビリオなどの債権回収会社から請求や催告書が届くと、見たこともない社名に動揺され、あわてて電話してしまいます。その結果、債務を認めてしまって時効の日が過ぎていても時効が中断してしまい、時効の成立ができないことが少なくないんです」と教えてもらいました。幸いに私の場合はうまく時効の援用ができ、時効が成功しました。

アヴァンス行政書士法人

アビリオをはじめ、多くの債権回収会社(サービサー)は、債務の時効期間が過ぎていてもあえて支払い督促や催告書、通知書などを送ってくることがあります。これは、何とか債務を認めさせて、いくらかでも回収できればよしとしているからだそうです。

アビリオなどサービサーとも呼ばれる債権回収会社は、借金回収のノウハウと人間の心理の動きを熟知した取立て専門の企業であることです。当然、債務者が時効の援用をするかもしれないことは予測しています。

注意したいのは、債権回収会社が時効の中断を図るために裁判所へ働きかけ、裁判所から支払い督促を送ったり、判決を取っていたりなど裁判上の請求をしてきた場合です。

こうしたケースでは、法律知識が少ない債務者が債権回収会社とまともに渡り合える可能性はほとんどありません。アビリオなどの債権回収会社からの支払い依頼や請求であるなら無視するのもひとつの手段ですが、裁判所という公的法律機関が出てきた場合には、それに対応できる時効の専門知識と経験を持った法律の専門化へ相談するしかありません。

【アビリオ債権回収の特徴】
アビリオ債権回収㈱は、原債権者から債権譲渡を受けて債務者に借金の請求をしてきます。原債権者は親会社のSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)であることが多いのですが、他にもアットローンや三洋信販などの貸金業者から債権譲渡を受けて借金返済を求めて
くるケースが目立ちます。

【アビリオ債権回収㈱の主な取引先】
アビリオ債権回収株式会社は、SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)、アットローン、三洋信販、ジャックス、オリックス・クレジットなどから債権譲渡や回収受託を受けて債権回収をしています。

【アビリオの請求は専門家へ一任して安心】
アビリオは債権回収のプロです。SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)をはじめとする取引先から買い取った債権や回収依頼を受けた債権を、あらゆる手段を駆使して回収を図ります。

当然のことですが、借金に関しての知識やノウハウも豊富で、「元金を一括返済する気があるのなら、損害金はすべて免除します。債務者様の状況に合わせて最良の方法を提案できるので、とにかく一度ご連絡ください」などの甘言を弄して債務者と連絡を取り、債務の承認をさせて時効を中断します。

こうした債権回収会社に対抗するには、時効の援用に詳しい司法書士や行政書士などの専門家へ相談・依頼するのがベストです。

時効の援用手続きだけであれば、内容証明郵便で「時効の援用をします」と送れば可能ですが、アビリオなどの債権回収会社は裁判所を通して請求や訴訟を起こしたり、判決を取っていたりすることがあるので、残念ながら法律に疎い一般の人では太刀打ちできないのが現実です。

また、万が一時効の成立ができなかった場合でも、司法書士や行政書士など借金解決に詳しい専門家であれば、無理のない債務整理の方法を検討してもらえるので安心できます。
アビリオの債権を時効やその他の債務整理方法で解決するには、きちんとした法律知識を持った専門家へ一任したいものです。

アビリオの請求を消滅時効の援用で解決!アヴァンス事務所

関連記事

記事はありませんでした

PREV :
NEXT :

PAGE TOP ↑