*

時効援用前のクレジットカード取得はNG

【質 問】
消費者金融とクレジットカードを踏み倒したまま6年以上の時間が過ぎました。消滅時効の援用をしようと思い、自分の個人信用情報を開示したところ、何も載っていませんでした。そこで、時効の援用をして個人信用情報に記録される前にクレジットカードを取得しようと思いますが、何か問題があるでしょうか?

【答 え】
あなたの場合は、消費者金融だけでなくクレジットカードも対象になりますから、時効援用してもクレジットカード会社などが加盟している信販系の個人信用情報機関であるCICには貸し倒れで完了となります。そして、その完了の事実が5年間掲載されることになるため、クレジットカードを取得できたとしても、途上与信でほぼ100%引っかかります。時効援用の前にクレジットカードを取得するのはやめた方がいいでしょう。

 

ここで大切なのは、時効援用と個人信用情報との関係です。時効援用をした場合、個人信用情報はどのようになるのかということです。

消費者金融のような貸金業は個人信用情報機関である日本信用情報機構(JICC)に加盟・登録しています。時効の援用をすると完済扱いになり、個人信用情報から消えてしまいます。要は、日本信用情報機構(JICC)は、時効の援用をすれば情報は抹消されることになります。

一方、クレジットカード会社などが加盟している信販系の個人信用情報機関CICでは、時効の援用をした場合には以下の2つに分かれます。
①時効の援用後、直ちに抹消された

②時効の援用後に「貸倒」登録され、以後5年間はその情報が掲載される

CICは基本的に「契約が完了してから5年間」はその情報を載せ続ける姿勢をとっています。普通にクレジット会社との契約が完了した場合でも、その契約情報は「契約終了」として解約後も5年間は掲載されます。
そして、時効援用のような普通ではない方法で契約が完了した場合には「貸倒」としてその情報が5年間記録として残ります。

さて、クレジットカードを取得できたとしても途上与信で引っかかると言いましたが、クレジットカード会社はクレジットカードを発行しても変な使い方をしていないかなど、他社の利用状況を含めさまざまなタイミングで審査を行っています。これを「途上与信」と呼びます。
ですから「時効の援用をして、個人信用情報に何か記録される前にクレジットカードを取得しておく」ことはNGだと言えるわけです。

借金の時効援用をしようと思ったら法律の専門家である、司法書士や行政書士、あるいは弁護士に相談をして自分の借金について時効援用の可否を確認することが大切です。時効の援用は個人でもできますが、やはり法律の専門家へ相談するのがいちばんの近道です。


関連記事

消滅時効の援用手続きを法律の専門家へ任せるのはなぜ?

  【質 問】 消費者金融からお金を借りて、一円も返済しないまま5年が過ぎました。

記事を読む

PAGE TOP ↑