*

消滅時効の援用手続きを法律の専門家へ任せるのはなぜ?

 

【質 問】
消費者金融からお金を借りて、一円も返済しないまま5年が過ぎました。「時効の援用をすれば、借金をチャラにできるよ」と聞き、いろいろ調べてみると時効の援用手続きは誰でもできることがわかりました。でも、司法書士さんや弁護士さんに依頼する人がほとんどだと言います。自分で手続きをすれば費用もほとんどかからないのに、どうして法律の専門家へ一任するのですか?

 

【答 え】
借金の消滅時効の援用は、法律のプロに委任しなくても、図書館やネットで時効援用の内容証明郵便文例を参考にして提出すれば簡単に手続をすることができます。

しかし、司法書士や弁護士などの法律の専門家へ一任する人が圧倒的に多いのが現実です。
いちばん大きな理由が、本当に消滅時効が成立しているのか記憶が曖昧なまま個人として手続きを実行した場合、時効の援用に失敗し、遅延損害金を含め、あらためて借金の返済義務を背負うリスクが高くなってしまうからです。

消滅時効の援用に詳しい司法書士さんや弁護士さんであれば、依頼者の借金の時効が成立しているか否かについて、慎重に精査した上で援用手続きを進めます。
さらに、時効の完成後には債権者に対して消滅時効での処理の確認と個人信用情報センターへの連絡の確認をしてくれます。

また、万が一時効の援用が不調に終わった場合、個人では債権者である消費者金融に対して上手く交渉できない可能性がありますが、時効援用の実績やキャリアのある司法書士さんや弁護士さんであれば、遅延損害金の減額や分割返済の交渉をしてくれて借金問題を解決の方向へもって行くことが可能です。

司法書士さんや弁護士さんに一任し、代理人になってもらうにはいくらかの費用は必要ですが、時効完成の確率と手間を考えたら、やはり専門家へお願いすることが安心で確実だと思います。

消滅時効援用に強い弁護士、司法書士の詳しくはこちら

関連記事

時効援用前のクレジットカード取得はNG

【質 問】 消費者金融とクレジットカードを踏み倒したまま6年以上の時間が過ぎました。消滅時効の援用

記事を読む

PAGE TOP ↑