*

サラ金が消滅時効阻止のために使う手口

たとえばサラ金と呼ばれる消費者金融からお金を借り、何らかの事情から1円も返済せずに5年以上が経過していたら、消滅時効の援用をすることで借金をなかったことにすることができます。

ところが、借金の時効が成立しているにもかかわらず、業者からの執拗な督促に負けてしまい、その一部を支払ってしまう人が少なくありません。もしも、1円でも払ってしまった場合は、あなたが時効の利益を放棄したとみなされる可能性があります。

また、サラ金業者がよく使う手口として、既に時効が成立した債権にもかかわらず「減額提案書」という書類を送りつけて来ることがあります。
文面には『100万円の債権を50万円にするので署名して返送してください』といったことが書かれていますが、これは、あなたに時効の利益を放棄させるための巧妙なやり口で、もしも書類に署名や捺印をしてしまうと、あなたが債務を認めた(承認した)ことになり、そこから再び時効期間が振り出しに戻ってしまうことになってしまいます。

消費者金融(サラ金)業者は、こういった手口を駆使して時効をなくし、あなたからお金を取り戻そうとしますので注意しなければなりません。

時効の権利の有無については、消滅時効の援用に詳しい司法書士や行政書士の事務所へ相談・依頼すれば分かりますから、借金の時効が成立する可能性があれば、消費者金融(サラ金)業者からの郵便は、内容証明郵便を除いて無視しておくのが得策です。

ただし、無視することで時効が中断するケースがありますから、自己判断するのではなく、司法書士や行政書士へ念のために相談すると安心です。

いずれにしても、時効が完全に成立するまでは軽はずみな行動を取らず、何かあれば消滅時効の援用を依頼した司法書士や行政書士へ相談するようにしてください。

消滅時効の援用に詳しい司法書士・行政書士はこちらです!

関連記事

プロミスから支払い督促が届いたら

もしあなたが、プロミスから借りたお金を未払いのままに放置して5年以上が過ぎているのなら、時効

記事を読む

プロミスの借金を時効で解決

ご存知ですか?借金には時効があるんです! たとえば、プロミスをはじめとする消費者金融やクレジットカ

記事を読む

支払督促を受けたら

消費者金融やサービサーと呼ばれる債権回収会社がやる手口ですが、消滅時効期間が経過している債権について

記事を読む

アイフルの借金を時効で解決した

ご存知ですか?借金には時効があるんです! たとえば、アイフルをはじめとする消費者金融やクレジットカ

記事を読む

消費者金融から借りた借金の時効援用の注意点

これまで何度も述べてきましたが、消費者金融会社からの借金については、一定期間(5年間)債務の

記事を読む

PAGE TOP ↑