*

支払督促を受けたら

消費者金融やサービサーと呼ばれる債権回収会社がやる手口ですが、消滅時効期間が経過している債権についてもあえて支払督促を申し立てることがあります。支払督促とは、債権者の一方的な申し立てにより、簡易裁判所の書記官に対して申し立てる法的手続きのことで、債務者からの異議申し立てがない場合には、債務名義が確定してしまい、財産の差押えなどの強制執行が可能となるので注意が必要です。

消滅時効期間が経過しているにもかかわらず支払督促を申し立てられたケースでは、債権者としても消滅時効期間の経過を認識しています。しかし、うまく行けば債務名義を取得できるかもしれないとの思惑があったり、債務者の支払いを期待しての行為です。
支払督促を受けても、時効の援用は可能です。ただし、支払督促が確定する前に法的手続きをする必要があるので、早急に専門家へ相談してください。

支払督促に対応できる専門家

関連記事

サラ金が消滅時効阻止のために使う手口

たとえばサラ金と呼ばれる消費者金融からお金を借り、何らかの事情から1円も返済せずに5年以上が経過して

記事を読む

消費者金融から借りた借金の時効援用の注意点

これまで何度も述べてきましたが、消費者金融会社からの借金については、一定期間(5年間)債務の

記事を読む

プロミスから支払い督促が届いたら

もしあなたが、プロミスから借りたお金を未払いのままに放置して5年以上が過ぎているのなら、時効

記事を読む

PAGE TOP ↑