*

プロミスから支払い督促が届いたら

もしあなたが、プロミスから借りたお金を未払いのままに放置して5年以上が過ぎているのなら、時効の手続きをすることで返済義務がなくなり、プロミスの借金をすべて解決することができる場合があります。それが、民法で認められている消滅時効の援用です。

時効の援用は、プロミスばかりではなく他の消費者金融からの借金はもちろん、サービサーと呼ばれる債権回収会社に対しても効果を発揮し、時効成立後5年が過ぎればいわゆるブラックリストからも削除されてローンやカードを契約することが可能になります。

私には、かつてプロミスで借りた80万円の借金がありましたが、勤務先の倒産によって職を失い、一円も返済できなくなりました。プロミスからは何度も連絡を受け取りましたが、放置したままで職場を変わり、引越しと同時に携帯電話も変更しました。

そのまま年月は流れ、いつしかプロミスへ借金があることを忘れていました。ところが、今後結婚することになり、将来的にはマイホームも検討したいなと思った際にプロミスの借金を思い出し、プロミスから借りたお金を残したままにしておいて、家のローンを組めるのか不安になっていろいろ調べてみました。

すると、プロミスのからの借金は5年で時効になり、返済義務がなくなることがわかりました。また、信用情報でも日本信用情報機構(JICC)は事故情報がなくなり、割賦販売法・貸金業法指定信用情報機関(CIC)では時効の援用後に5年が過ぎれば、ブラックリストと言われる事故情報が消えることになることも分かりました。

ひと口で言えば、、プロミスの借金の時効を援用することで借金返済義務がなくなり、時効成立後から5年が過ぎればブラックリストから消されて、不自由のない生活ができるようになるというものでした。

時効の援用手続きは、内容証明郵便を使うことで素人でもできますが、プロミスが時効の中断をしていた場合には時効は成立せず、借金の時効は認められません。

そこで、借金の時効援用に詳しい司法書士の先生へ相談。時効の援用について詳しい説明を受けました。時効の援用手続きは簡単ですが、一方で時効の中断などかなりデリケートな要素もあり、やはり時効の援用に詳しい法律の専門家へ一任することが確実で安心できると思いました。

おかげで、プロミスの借金は晴れて時効が成立し、借金の支払い義務はなくなりました。後は信用情報の問題はありましたが、時効が成立して5年後にはCICのブラックリストからも消されるということで、将来のマイホームの夢が見えてきました。借金の時効援用をして本当に良かったと思っています。

【プロミスの時効は専門家へ任せるのが安心】
時効を利用すれば、プロミスの借金をなかったことにできると聞きました。そこで、自分で手続きができるか調べてみました。でも、調べるほどに法律知識のない素人では時効成立の確認ができそうもないし、下手をすれば差し押さえのリスクもあることが分かり、時効の援用に詳しい専門家へ依頼することにしました。
それに、万が一時効の成立ができなかった場合でも、無理のない債務整理の方法を検討してもらえることも安心でした。
プロミスの借金の時効は債務整理のひとつですが、それだけにきちんとした法律知識を持った専門家へ一任する方が安心できます。

プロミスの時効を相談したジャパンネット法務事務所
ジャパンネット法務事務所で時効援用
【時効は自動的には成立しない】
たとえばプロミスの借金は5年で時効となります。ただし、5年が過ぎればプロミスの借金は自動的に時効となって返済義務がなくなるわけではありません。
時効を成立させてプロミスの借金の支払い義務をなくすためには、消費者金融から借金をした人(債務者)が、貸し手であるプロミス(債権者)に対して「時効なので借金を払いません」と意思表示をすること、すなわち時効の援用をすることが条件になります。
時効の援用は、内容証明郵便で行われるのが一般的で、誰でも行うことができます。
ただ、法的な知識や本当に時効の時期になっているのか、時効が認められない要因の有無など専門的なチェックを事前に行う必要があることから、時効の援用に詳しい司法書士や行政書士へ依頼するケースがほとんどです。

時効援用に強いジャパンネット法務事務所はこちら
消費者金融の借金時効にくわしい司法書士情報

関連記事

サラ金が消滅時効阻止のために使う手口

たとえばサラ金と呼ばれる消費者金融からお金を借り、何らかの事情から1円も返済せずに5年以上が経過して

記事を読む

消費者金融から借りた借金の時効援用の注意点

これまで何度も述べてきましたが、消費者金融会社からの借金については、一定期間(5年間)債務の

記事を読む

支払督促を受けたら

消費者金融やサービサーと呼ばれる債権回収会社がやる手口ですが、消滅時効期間が経過している債権について

記事を読む

PAGE TOP ↑