*

「 借金の消滅時効の特徴 」 一覧

消滅時効の援用権者は誰か

消費者金融やクレジット会社からの借金、携帯電話の利用料未払い、家賃の滞納などは5年で時効となりますが、ではその援用をできる人は誰になるでしょうか。当然ですが、消滅時効の完成によって直接的に利益を得る人

続きを見る

時効中断で振り出しに

たとえば消費者金融からお金を借りて5年間放っておけば消滅時効にかかります。 そこで援用手続きをしてしまえば時効は完成し、借金を返す義務はなくなります。 ところが、この5年の間にたとえ100

続きを見る

借金の消滅時効援用はこんな人に最適

借金をしてほったらかしにしておくと、さまざまな不都合が生じてきます。それでもなお、返済できずにじっと息を潜めて暮らす人がいるのが現実です。こうした人にとって「借金の時効」は起死回生の手段になる

続きを見る

借金の時効を成立させる3要件

借金や未払い金の時効を成立させるには、以下の3つの要件を満たしていることが必要となります。 (1)一定期間、借金を返済していないこと 銀行や消費者金融、信販会社、クレジット会社などの貸金業者からお

続きを見る

消滅時効援用の手続の流れ

借金の消滅時効を完成させるには、援用(時効が成立していることの主張・行使)をしなければなりません。 この援用をすれば借金の時効が成立し、なかったことになってしまうわけです。この手続きは複雑なものでは

続きを見る

借金の時効が成立しないケース

【時効の中断についての注意】 消滅時効の援用を図っても、いくつかの事由で成立しないケースがあります。これを『時効の中断』と呼びますが、民法147条によれば①裁判上の請求、②債権者が債務者の財産に対し

続きを見る

PAGE TOP ↑