*

「 時効の中断 」 一覧

消滅時効の援用が失敗したときの対応方法

消滅時効の援用には、細心の注意が必要です。 消滅時効の援用をする際には、相手方から取引履歴の開示を受けるなどして最終取引時期を確認します。しかし、サービサーなど債権譲渡を受けたとする会社から請求を受

続きを見る

支払督促が届いた場合の対処方法

消費者金融からの借金、携帯電話や家賃の未払い金などの消滅時効の完成を阻むため、使われる手段のひとつとして支払督促があります。 支払督促は、債権者の申立てにより、債務者に対して金銭の支払いをするよう督

続きを見る

消滅時効の中断事由「債務の承認」

時効の中断でもっとも多い事由が、債務の承認です。 たとえば消費者金融(いわゆるサラ金)やクレジット会社からの借金の時効は5年ですが、この5年の間に一度でも借金があることを認めてしまうと、その時点

続きを見る

消滅時効の中断事由「差押え・仮差押え又は仮処分」

今回は時効中断事由のひとつである「差押え・仮差押え又は仮処分」について簡単にご紹介します。 時効の援用を司法書士さんへ相談・一任するにしても、依頼人本人も多少なりとも知識として知っておくことで、司法

続きを見る

消滅時効の中断事由「請求」

たとえば消費者金融からの借入金や携帯電話の未払い料金、家賃などは5年で時効になり、援用手続きが問題なく終われば時効が成立し、それまでの債務はなかったことになって借金の支払い義務はなくなります。 借金

続きを見る

PAGE TOP ↑