*

借金の消滅時効援用はこんな人に最適

借金をしてほったらかしにしておくと、さまざまな不都合が生じてきます。それでもなお、返済できずにじっと息を潜めて暮らす人がいるのが現実です。こうした人にとって「借金の時効」は起死回生の手段になる

続きを見る

借金の時効を成立させる3要件

借金や未払い金の時効を成立させるには、以下の3つの要件を満たしていることが必要となります。 (1)一定期間、借金を返済していないこと 銀行や消費者金融、信販会社、クレジット会社などの貸金業者からお

続きを見る

サラ金が消滅時効阻止のために使う手口

たとえばサラ金と呼ばれる消費者金融からお金を借り、何らかの事情から1円も返済せずに5年以上が経過していたら、消滅時効の援用をすることで借金をなかったことにすることができます。 ところが、借金の時

続きを見る

消滅時効援用の手続の流れ

借金の消滅時効を完成させるには、援用(時効が成立していることの主張・行使)をしなければなりません。 この援用をすれば借金の時効が成立し、なかったことになってしまうわけです。この手続きは複雑なものでは

続きを見る

借金の時効が成立しないケース

【時効の中断についての注意】 消滅時効の援用を図っても、いくつかの事由で成立しないケースがあります。これを『時効の中断』と呼びますが、民法147条によれば①裁判上の請求、②債権者が債務者の財産に対し

続きを見る

時効成立で得られるメリット

消滅時効の援用によって時効が成立すると、それまでの借金はなかったことになります。これまで、社会的にも精神的にも大きな制約を受けていた生活は終わり、もう逃げ隠れすることのない新しい生活を始めるこ

続きを見る

消滅時効の援用のデメリット

消滅時効の援用ができ、時効が完成すれば、借金は無条件でゼロになり、なかったことにすることができます。しかし、そのためには最後に返済した日から最低でも5年間はひっそりと隠れるように生活しなければ

続きを見る

時効援用前のクレジットカード取得はNG

【質 問】 消費者金融とクレジットカードを踏み倒したまま6年以上の時間が過ぎました。消滅時効の援用をしようと思い、自分の個人信用情報を開示したところ、何も載っていませんでした。そこで、時効の援用をし

続きを見る

深刻化する借金問題

金融庁の無担保無保証借入件数の公表資料によると平成22年6月末時点で、消費者金融等やキャッシングの利用など、無担保無保証借入の総人数は約1,538万人います。 そのうち約107万人(総借

続きを見る

消滅時効の援用体験談

消滅時効の援用を通して借金を消滅させた人の体験談を紹介します。 借金がなくなったのはいいのですが、逃げている期間に失ったものも少なくなかったみたいです。やはり、借金はしない方がいいですね

続きを見る

債務整理の方法について

借金が返せなくなった場合、消滅時効の援用を利用するほかに「任意整理」「個人再生」「自己破産」が債務整理の代表的な手段ですが、それぞれのちがいを理解している人は多くありません。 ここでは、簡単

続きを見る

注意したい事業資金の時効援用

個人の借金の時効はもちろんですが、最近では銀行や信用金庫・信用組合などから借りた事業資金の返済ができないという深刻な相談が増えています。 事業資金については商法が適用されますから、5年の

続きを見る

「1000円でもいいので払ってください」には要注意!

かつて「サラ金」と呼ばれ、さまざまな問題を引き起こした消費者金融。この消費者金融業者からお金を借りた場合、時効には5年の年月が必要になります。 ところが、この5年を過ぎて時効にかかったことを知ら

続きを見る

PAGE TOP ↑